テストの特徴と活用法

TOEICも英会話もリスニングスキルが鍵

TOEICも英会話もリスニングスキルが鍵 入社に有利だったり、入社後のスキルアップに求められるTOEICのスコア。
860点以上あれば、どのジャンルのニュースを読んだり、聞いたりしても理解ができると言われているので、英語で行われる国際会議や電話会議に参加する社員に求められるレベルです。
会議の場合、TOEICなどの試験と大きく違う点は、会話をしながら進行したり、質疑応答をしなければならないところです。
英会話力が問われる会議の場面でも、リスニングのスキルが不足していると相手の言っている事が理解できず、質問の答えを返す事が困難になります。
リスニングは、TOEICのスコアアップや英会話のスキルアップに重要な要素です。
1000時間のリスニングをするという教材や、英語のセンテンスに続いて日本語の訳が入っている教材など、様々なリスニング教材が市販されていますが、そのリスニング教材を使う環境に工夫をするだけで、リスニングスキルを鍛える事ができます。
市販のリスニング教材を静かな環境で聴いて問題を解いたりするのではなく、雑音のある場所、もしくは意図的にうるさくない程度に雑音のある環境を作り、その環境でリスニング教材を使うだけで、リスニングのスキルアップにつながります。

TOEICと英語力はつながりがある

TOEICと英語力には深いつながりがあります。
英語ができる人は、一般にTOEICのスコアも高いです。
この試験にはリスニングとリーディングしかありませんが、高いスコアを持っている人はスピーキングやライティングの能力も高いです。
だからこの試験で良い点数を取るために勉強をすることは、英語力の向上につながると言って良いでしょう。
TOEICは有力な資格ですが、このテストで高い点数を取ることが最終の目的ではありません。
英語を使えるようになるのが最終の目的です。
このテストでは合計400問という大量の問題が出題されます。
そのような問題を解いていくためにはスピードが必要です。
スピードをつけるには、英語を素早く理解することが求められます。
英語を素早く理解する能力は、実際に英語を使う時も役立ちます。
英語のネーティブと会話をする時にじっくりと考えていては、意思の疎通がスムーズにいかない場合があります。
TOEIC用の勉強は、実用的な英語の能力を伸ばすのに役立ちます。

Valuable information

牡蠣の通販
https://www.kitayoshisuisan.co.jp/

Last update:2016/10/27

『TOEIC 模試』 最新ツイート

@pgn_new

2018年07月17日発売予定 【資格・検定・就職】TOEIC L&Rテスト本番模試1回分[改訂版] 新形式問題対応 [新商品紹介ブログ]https://t.co/FLlvBdb7vU

1時間前 - 2018年05月26日


@SyotoToeic

TOEICの模試を購入する時に、とりあえず表紙を見て 点数が上がりそうという感情で購入してませんか? そのような教材選びをしていると、あなたのスコアは絶対に上がりません。 https://t.co/RoeXHvFOaB

1時間前 - 2018年05月26日


@kiminosyuukatsu

【就活とTOEIC】〜900点ホルダーの勉強法〜 ・模試を15周 ・単語帳は眺める。何回も眺める。キクタンのアプリがよい。 ・英語力は「その言葉に何回出会ったか」かで決まる。 ・勉強のコツはこつこつ。 ・続けることと、短期集中 https://t.co/vBS8ERx7NY

4時間前 - 2018年05月26日