テストの特徴と活用法

TOEIC模試の活用方法

TOEICと同じ形式、同じ基準で作成された模試の問題集が、書店には数多く販売されています。もちろん、どの問題集を使用するにしても、大事なのはそれをどのようにして活用するかです。
模試の活用 まず、TOEIC模試を実際に解く際には、必ず本試験と同じ制限時間で解くようにしましょう。そうすることで、時間配分を考えたり、本番慣れをしておくことができるのです。
その後に、採点をしてみて今の自分の実力を把握し、そのレベルに合った学習をしていくことが重要になります。
さて、もう1つ大事なポイントとして、一度解いた問題に関しては、何度も復習をするようにしましょう。つまり、TOEIC模試を解いて採点をして、それで終わりにしてはいけないのです。むしろ、その後の復習が最も大事と言っても過言ではないのです。
特に、間違えた部分の問題に関しては、より重点的に復習するようにしましょう。
そうすることで、弱点をしっかりと潰すことができるのです。

英語のテスト:TOEICの特徴

TOEICは、英語検定と並び、日本において人気のある英語資格試験です。英語検定は1度合格すると、その級は一生保持出来ますが、TOEICはいくら高得点を出しても、履歴書に書くことが出来るのは2年間のみとなります。
そのため、その人物の今現在の英語力を知ることが出来るテストとして、各企業でも社員に受験させているところが多いようです。
そんなTOEICの第一の特徴は、マークシート式で、問題は全て英語で書かれている、ということです。そして、問題量がとても多いということも特徴に挙げられます。どんどん解いていかないと、最後まで回答が間に合いません。
そして、問題の載っている冊子に、メモを取ることが許されていないのも特徴です。最初の問題はリスニングですが、聞きながらポイントを書き込む、ということが出来ないのです。
これらのことから、TOEICで高得点を目指すのならば、いちいち頭の中で日本語に置き換えるのではなく、英語をそのまま理解出来る練習をすることが重要です。

注目サイト

AGAを梅田で考える

2018/5/2 更新

『TOEIC 模試』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/alwv4u1s/inteknio.com/test.html on line 98